事故車の場合は?

下取りをしてしまうと買取よりも安く手放すこととなるでしょう。

下取りだと評価してくれない部分が買取であれば評価してくれるということも多いです。

特に事故車の売却をする場合には、下取りだと査定額が低く、廃車の費用を要求される場合もあるようです。自動車を手放す際に、買取にするか下取りにするか、どちらを選んだらいいかというとより高く売りたいのなら買取です。
下取りにすると買取よりも安い値段で車とお別れすることになります。下取りでは評価して貰えない部分が買取なら、プラスとして審査してくれることもあるようです。

特に事故車を売却したい時には、下取りだと評価がとても低く、廃車費用を請求される可能性もあるようです。買取業者の査定を控えた時点で、傷などを修理するべ聴かどうか判断に迷うこともあるでしょう。

わずかな傷で自分で直せるようなものは、きれいに直して評価アップを期待したいところですが、別に修理に出さなくても問題ないです。どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても修理にかかるお金の方がエラーなく高くつくからで、もう修理はせずにありのままで.査定を受け入れるのが良いでしょう。